新刊情報

高校野球マガジン8 第99回全国高校野球選手権愛知大会完全ガイド 
いよいよ、今年も夏の高校野球が始まるが、7月の地区大会を前に、愛知大会に特化した特集で「第99回全国高校野球選手権愛知大会ガイド」がベースボールマガジンの増刊として刊行される。 折しも、愛知大会の組み合わせが決まるタイミングでもあり、いよいよ大会モードも盛り上がってくる。
頂点を狙う11校として、センバツ出場校で春季県大会も制した至学館を筆頭に、昨秋の県大会優勝の中京大中京、昨夏の代表校東邦。躍進著しい栄徳と桜丘、豊橋中央、豊川の東三河勢。さらにはおなじみの愛工大名電、享栄、愛知に昨夏も4強の愛産大三河を紹介。
公立勢としては渥美農に大府、豊田工、刈谷、東浦、西尾東など…。
また、愛知県高校野球の魅力について、県高野連前理事長の神谷良治・現審判委員長に手束仁が話を聞いた。また、無名校の蒲郡から、一躍侍ジャパンの投手の柱にまで成長したソフトバンク・千賀滉大の話など盛りだくさん。 愛知県の人はもちろん、県外の人も高校野球ファンならば是非、大会前にぜひ手に取りたい一冊でもある。

■ 出版情報
ベースボールマガジン社・刊
発行年月:2017年6月
⇒購入はこちら

プロ野球「名采配」読本 
過去、プロ野球には、さまざまな試合があった。
チームを指揮する役割を担っている監督の仕事である。その監督の仕事は「采配」と言っていいだろう。
もっとも、プロ野球の場合には「采配」といっても、ただ単に選手の交代、代打にだれを送るのかとか、どの投手をつぎ込んでいくのかということだけではない。そういうコマを揃えていくこと、すなわち、チームとしてのマネジメントも含めた部分を含めて「采配」と言えるのだ。 そんなトータルの意味での「采配」にスポットを当てて、一つの試合の中から、あるいはシーズンという流れの中からのポイントとなった試合や場面を拾った一冊。


構成は以下の通り
第一章 日本シリーズ、クライマックスシリーズでの名采配
第二章 ペナントの行方を左右した名采配
第三章 球史に残る迷采配、珍采配
第四章 名采配で覚醒したグラウンドの名優たち
第五章 名采配を演出した名監督たち
本書を通じて、采配にさらに興味を持ってプロ野球を楽しんでもらえたら著者冥利に尽きるというものだ。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
出版社:イースト・プレス
発行年月:2017年6月
⇒購入はこちら

マンガでわかる『楽譜入門』CD付き(譜例の音とサンプル曲入り) 
楽譜とは、「耳で聴く」音楽のさまざまな決まりごとを「目で見て」わかるようにしたものです。本書では、楽譜のさまざまな要素をマンガ形式でわかりやすく解説しました。
多くの譜例・サンプル曲を収録したCDが付いています。ですから、楽譜について絵と音で楽しく学ぶことができます。
また、多くの人が疑問に思うことをQ&A形式で取り上げています。
「楽譜が読めるようになりたい」
「音楽は好きだけれども、楽譜はちょっと苦手」
 そんな人にとっておススメの一冊です。



■ 書籍情報
著者:小林 一夫
編集協力:(株)ジャスト・プランニング
出版社:誠文堂新光社 発行年月:2017年2月
⇒購入はこちら

「知・徳・体」を育む学校体育・スポーツの力  
高校保健体育教師、教育委員会指導主事、さらには文部科学省体育官といったさまざまな立場で学校体育・スポーツに関わってきた著者が、これまでの学習指導要領の作成経緯や教育理念をわかりやすく解説。改めて学校体育・スポーツの重要性を説き、その担い手である保健体育教師に激励の言葉を贈る。保健体育教師はもとより、学校長、指導主事にとっても貴重な1冊。また、部活動への思いも強く語っている

■ 書籍情報
著者:本村 清人
編集協力:(株)ジャスト・プランニング
     一部執筆協力:手束 仁
発売元:大修館書店
発行年月:2016年11月
⇒購入はこちら

プロ野球ドラフト「黄金世代」読本 
「藤浪晋太郎&大谷翔平」世代、「斎藤佑樹&田中将大」世代、「KK−桑田真澄&清原和博」世代、「江川卓」世代、「ダルビッシュ有」世代、「松坂大輔」世代、「菊池雄星」世代、「松井裕樹&森友哉」世代……野球界ではしばしば同年代の選手たちをひと括りにし、その中の代表的な選手を表看板にした「世代」で語られることがある。本書は、過去何十年かのプロ野球を8つの「世代」で括り、それぞれの世代の代表的選手をピックアップし、将来への期待も込めて描いた。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
発売元:イーストプレス
発行年月:2016年9月
⇒購入はこちら

最新版 甲子園を狙える!高校完全ガイド 進学・観戦に役立つ872校情報!「本当」の実態データ 
本書は、高校で甲子園を目指したい生徒、保護者、関係者らが、志望校を選ぶための進学ガイドであり、また、高校野球を愛し応援し続けるファンが、甲子園に出場しそうな高校を分析・観戦するための戦力ガイドにもなっています。近年劇的に変化した高校球界の最新勢力図に完全対応しています。
大学付属系列校型、野球エリート育成校型、文武分業進学校型、共学化移行校型、旧制中学伝統継承校型、地場密着商業校型などのカテゴリー別解説と、都道府県別解説の2部構成となっており、多角的視点から分析しています。計872校の実力、練習施設、入学の目安・偏差値、特待生制度、卒業後の進路、主なOB(プロ野球選手ほか)、野球以外に力を入れている部活動などを大公開しています。
また、「甲子園出場可能性」の5段階評価も付いているのも、本書の特徴です。第1部のカテゴリー別有望校ガイドでは、各校の「甲子園出場実現度」を、第2部の47都道府県別勢力図ガイドでは、各エリアごとの「地区突破チャンス度」を、それぞれ5点満点で採点しています。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
発売元:廣済堂出版
発行年月:2016年7月
⇒購入はこちら

『実況 空想野球研究所』 
野球のことで、あれやこれや、いろいろ空想して楽しんでみる、そんな本です。小学校高学年を対象として描かれたものですが、大人も十分に楽しめる…、そんな内容に仕上がりました。例えば…
もしも、織田信長が巨人の監督で、もしも、明智光秀が西武の監督だったら?
→巨人は大勝ちするか、大敗するかで、短期決戦ならぬ短気決戦。西武は意表をついた戦い方で勝利して、首位に立つけれども、すぐに首位転落の三日天下か…?
もしも、武田信玄がヤクルトの監督で、もしも、上杉謙信がロッテの監督だったら?
→ヤクルトは野村克也監督時代以上の戦術野球になる、何せ参謀がいい。ロッテは勝負師として勝負強いチームになるけれども、最後には勝てない。
もしも、豊臣秀吉が阪神の監督で、もしも、真田幸村がオリックスの監督だったら?
もしも、毛利元就が広島の監督で、もしも、前田利家がソフトバンクの監督だったら?

他にも「少年野球18人vsプロ野球3人で試合をしたら」「オコエ瑠偉vs桐生祥秀、走塁対決をしたら」などなど内容盛りだくさんです。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
絵:フルカワマモる
発売元:集英社みらい文庫
発行年月:2016年6月
⇒購入はこちら

「絵てがみ〜美しい日本を巡る、旅のことば選び」 
日本を巡る旅をテーマにした絵手紙の作例集です。海、山、川、谷などの自然から、歴史的建物や神社仏閣などの建物、市場や露店やお祭りなどの街の風景から、名産品やご当地グルメ、駅弁などの食べものまで、日本全国、47都道府県の風物を題材に、絵の作例250点と、言葉の作例3000語を収録しました。 季節の変わり目や年中行事など「時の移ろい」をテーマに描くのが絵手紙の定番ですが、旅という「空間の移動」をテーマにしたのがこの本です。


■ 書籍情報
著者:吉水 咲子
発売元:誠文堂新光社
発行年月:2016年6月
⇒購入はこちら

『プロ野球「黒歴史」読本』 
清原和博、笠原将生、江川卓、斎藤佑樹、松坂大輔、渡邉恒雄ほか、メディアを騒がせた75人の男たち。彼らがファンから憎まれた理由、愛された理由とは。ドラフト取材歴30年、球界の表もウラも知り尽くした著者が、彼らがヒーローの座から転落した理由を徹底分析。


■ 書籍情報
著者:手束 仁
発売元:株式会社イースト・プレス
発行年月:2016年6月
⇒購入はこちら

『幸運を呼び込む 家相と間取りの教科書 』 
家相が、吉相か凶相かを判断するためには、家の平面図を見ます。本書では、新聞の折り込み広告にあった分譲住 宅の間取り図や、相談者から持ち込まれた間取り図の中で問題のある凶相の家を見ながら、凶相を吉相へと改善するポイントを解説します。
間取りの吉相と凶相が判断できる八方位測定盤付きです


序章 住む人に幸運を呼ぶ家相/1章 幸せを呼ぶための家相の見方/2章 八方位にあらわれる吉相・凶相/3章 場所ごとでみる幸せを呼ぶ家相/4章 幸せを呼ぶ吉相の家づくり/5章 良い間取りと悪い間取り/6章 田口二州が答える家相のぎもん

■ 書籍情報
著者:田口二州(純正運命学会会長)
発売元:ナツメ社
編集協力:株式会社ジャスト・プランニング
発行年月:2015年10月
⇒購入はこちら

『高校野球100年 甲子園が生んだ名言珍言108選』 
現在の高校野球の前身である、全国中等学校優勝野球大会の第1回大会が1915(大正4)年に開催されて、100年という節目を迎えることになった。その間には4年間の戦争による中断という不幸な歴史を挟んでいるものの、先人たちから受け継がれてきた高校野球の精神は、今もなお継承され続けていると信じている。  本書では、そんな高校野球のシーンから発せられた言葉を見つけて、その背景や状況を含めて紹介していこうというものである。
 さまざまなシチュエーションの中から、思わず発せられた言葉や、場合によっては、聞く人を意識して発せられたものもあるであろう。
 ただ、いずれにしても、高校野球100年という節目にあたって、高校野球の歴史を見つめ直していく一助になれればいいと思っている。そして、それぞれのシーンを思い起こしていく一つのきっかけになっていかれれば、それは著者としての喜びでもある。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
発行:日刊スポーツ出版社
発行年月:2015年7月
⇒購入はこちら

『ああ栄冠は君に輝く〜知られざる全国高校野球大会歌誕生秘話』 
真夏の球宴、夏の風物詩ともいわれている全国高校野球。一九一五(大正四)年に初の全国大会が開催されて以来、百年の歳月を経ようとしている。そして、高校野球は、野球ファンだけではなく、国民的な関心事として毎年盛り上がっている。それは、一つの日本の文化といっても過言ではない。 そして、その大会歌として歌われている「栄冠は君に輝く」は、多くの人の耳に馴染んでいる曲である。この大会歌が制定されたのは、戦後の学制改革で、中等学校野球優勝大会が高校野球選手権大会となった一九四八(昭和二十三)年である。折しも、全国高校野球大会は第三〇回大会となり、その記念として大会歌が公募で選ばれた。
ところが、この歌は第五〇回記念大会を迎えたときに、突然作詞者名が変更されて発表された。
それは、本当の作詞者だった加賀大介が妻の名を名乗って応募していたことが明らかになったからであった。 この「本当の作詞者」加賀大介とは何者か。歌のイメージと違い、実は屈折した人生を送った加賀と、松井秀喜との不思議な宿縁、また、「土」というキーワードがつなぐ加賀の思いと球児たちの思い……。 加賀大介の人生を解きほぐすことで見えてくる甲子園球史。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
発行:双葉社
発行年月:2015年7月
⇒購入はこちら

『プロ野球「背番号」雑学読本 』 
なぜ3は看板選手がつけるのか、なぜ名監督は77を選ぶのか、なぜ27は名捕手の番号なのか、なぜ掛布の31は定着しなかったのか、なぜ沢村栄治の14は永久欠番なのか……ほか、ドラフト取材歴30年、球界の表もウラも知り尽くした著者が教える「プロ野球通」だけが知る「数字」の読み方。背番号にまつわる“マル秘”エピソードが満載。
本書は、『プロ野球にとって正義とは何か』を出版し、ドラフト取材歴30年、球界の表もウラも知り尽くした著者が、「プロ野球通」だけが知る、みんなが知っているようで意外と知られていない背番号にまつわるエピソードを教える一冊です。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
発行:株式会社イースト・プレス
発行年月:2015年6月
⇒購入はこちら

『絵てがみ〜心に残る年中行事のことば選び』 』 
紋切り型になりがちな年中行事の絵てがみに自分らしい言葉を添えるためのヒント集。作例250点、言葉の例を3000語収録。
お正月、節分、お雛様、入学式、お花見……季節の変わり目や人生の節目である年中行事は、大切な人に心をこめた絵てがみを送る季節でもあります。

季節の花や野菜に加えて、おせち、ひな人形、お祭り、海水浴など、絵の題材は無限に広がりますが、言葉は「おめでとう」「ありがとう」などついつい紋切り型になりがちです。
本書では、1月から12月まで、月ごとに代表的な行事や風物詩をとりあげ、それに合った絵のテーマ、言葉の組み合わせ方のコツをご紹介。より個性的で気持ちが伝わる絵てがみを描くためのヒントが随所にちりばめられています。

著者自身による作例250点、語例3000点を収録。自分らしい絵てがみを送りたいときの参考書として、行事や記念日の意味や由来を楽しむ歳時記として、初心者から上級者までどなたでも楽しんでいただけます。

■ 書籍情報
著者:吉永咲子
編集:ジャスト・プランニング
発行:誠文堂新光社
発行年月:2015年5月
⇒購入はこちら

『名言珍言108選 トップアスリート編 』 
好評既刊プロ野球編、芸能・文化編に続くシリーズ第3弾
さまざまなシチュエーションで、人は、言葉を誕生させる。その言葉一つひとつは、重くて大きな意味がある時もあれば、さり気なく言ったつもりのものもあるだろう。
ここで選んだ言葉は、栄光を得た瞬間に思わず発したものもあれば、自らの足跡を振り返って、しみじみと発したものもある。共同記者会見や新聞等の取材に答えたものもある。ただ、いずれにしても、著者自身がその言葉に対して、「なるほど」と意味を感じることが出来たものを選んだのである。
2020年、東京に再びオリンピックがやってくる。これから5年、アスリートや指揮官はもちろん、メディアもそこへ向かって走り続けていく。ここに選ばれた言葉が、そんな中で、何らかの形で心の支えになってもらえれば、この本の意義も高まろうというものである。
■ 書籍情報
著者:手束 仁
発行:日刊スポーツ出版社
発行年月:2015年2月
⇒購入はこちら

電子書籍 新着リリース情報

『早読み!日本の文学作品 その1』
リリース:2014年5月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『早読み!日本の文学作品 その2』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『会話を豊かにする四字熟語』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【Kindle】kindle 版

『生活で役立つことわざ』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『ビジネスでよく間違える漢字425』
リリース:2013年5月
<ご購入はこちらから>
【ibooks】ibooks 版
【kindle】kindle 版
【kobo】kobo 版

『1か月で常識人になる ことわざ151』
リリース:2013年5月
<ご購入はこちらから>
【ibooks】ibooks 版
【kindle】kindle 版
 【kobo】kobo 版

『ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」を読み解く、幸せを呼ぶ法則35』
リリース:2012年9月13日
<ご購入はこちらから>
ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」を読み解く、幸せを呼ぶ法則35(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【ibooks】ibooks 版
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

『人に好かれる話し方のコツ』
リリース:2012年9月11日
<ご購入はこちらから>
人に好かれる話し方のコツ(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【ibooks】ibooks 版
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

『幸運を引きよせるマーフィー奇跡の45の言葉』
リリース:2012年9月
<ご購入はこちらから>
幸運を引きよせるマーフィー奇跡の45の言葉 - increws media(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

代表メッセージ

これまで20年以上、編集プロダクションとしての活動をベースに、メディアの中で仕事をしておりました。
今後は、Web時代に対応すべく新たに業務拡大の目的で、株式会社ジャスト・プランニングを設立いたしました。
弊社のモットーは「不易流行」です。
時代の流れの中でフレックスに対応していく要素と、その一方で今後も守り続けるべき文化を守り、伝えていく仕事をしていきます。
そして、ライフワークとして、高校生の部活動を応援していきます。