新刊情報

金足農 雑草魂の奇跡 
日本中が沸いた!雑草軍団金足農さわやか野球部の奇跡を単行本化!
ジワーッと心に染みる秋田と甲子園、”9人”野球感動物語!
吉田輝星くんの感動秘話も大満載!
普段どこにもいそうな高校生たちが、一躍日本中から注目されることになった平成最後の第100回夏甲子園大会。
スーパーヒーローとなった吉田輝星投手の持つ天賦の突破力を通して、進撃の源となった彼らの日々をもっと見てみたい、
そんな思いからスタートした企画だった。吉田輝星投手とナイン、
それに金足農をめぐるさまざまな人間模様とエピソードを紹介したが、そこに見えたのは、素朴でハツラツとした青春、故郷、そして古き良き時代の昭和を思い出す光景の数々だった。


■ 出版情報
著者 高校野球番記者有志の会
出版社:(株)青志社
発行年月:2018年10月
⇒購入はこちら

絵封筒の描き方:絵てがみをもっと自由に楽しもう 
「絵てがみ」の本は数多くありますが、この本は「絵封筒」の描き方を紹介した本です。ふだん皆さんが絵てがみを描くのと同じように、こんどは封筒を使って描いてみよう…というわけです。
封筒を使って、どのように相手に思いを伝えていくのか…。封筒にも絵や文字は描けるし、もちろん、中に入れる絵てがみにも描くことができます。 封筒はタテ長でもヨコ長のものでもよいし、中に入れる手紙だって便箋用紙でも、コピー用紙でも、和紙でもよい。 その自由な発想が、この絵封筒にはあるのです。
本書では、春夏秋冬、四季の暮らしに贈りたい絵封筒の参考事例から、普段の生活での挨拶状、お礼状、お祝い、お見舞いなどにもひと工夫してみました。

■ 出版情報
著者 吉水 咲子
出版社:誠文堂新光社
発行年月:2018年7月
⇒購入はこちら

高校野球ストーリー〜球国愛知のプライド 
選手権大会が100回となる節目を前に、著者・手束仁が故郷愛知県の高校野球の歴史を追いながら、多くの関係者の新しい証言とともに、愛知県高校野球の現在・過去、そして未来を見据える熱球譜。 球国愛知のプライドとは、全国でも一、二を争う激戦地区となっている愛知県の高校野球だからこその誇りであり、戦い方がある。そして、幾多の有力校が切磋琢磨し合い競い合いながら、栄光の歴史を作り、また、新たな歴史を育んでいる。
構成
■序章 球国愛知の歴史と伝統
■1章 中京、東邦など私学4強が引っ張る背景
■2章 私学の壁に挑みながら実は公立校が支える球国愛知
■3章 私学4強だけではない群雄割拠の愛知県

■ 出版情報
著者 手束 仁
出版社:ベースボール・マガジン社
発行年月:2018年6月
⇒購入はこちら

決定版『一番よくわかる 野球スコアのつけ方』 
野球はスコアブックをつけながら見ていくとよくわかる。スコアの記録と整理、分析でチーム力アップにも役立つ。スコアのつけ方の基本から、スコアを読み、どういう作戦を取ったのか、分析・解説まで掲載。

Part1 スコアブックの基礎知識
Part2 スコアブックを実際に記入する
Part3 試合を追って記入する
Part4 スコアブックを読み込む
Part5 スコアブックの記録を整理する
 折り込み付録「すぐに試合で使える記号・書き方の早見表」付き。


■ 出版情報
著者 手束 仁
出版社:西東社
発行年月:2018年1月
⇒購入はこちら

プロ野球「背番号」雑学読本 
なぜ3は看板選手がつけるのか、なぜ名監督は77を選ぶのか、なぜ27は名捕手の番号なのか、なぜ掛布の31は定着しなかったのか、なぜ沢村栄治の14は永久欠番なのか……ほか、ドラフト取材歴30年、球界の表もウラも知り尽くした著者が教える「プロ野球通」だけが知る「数字」の読み方。背番号にまつわる“マル秘”エピソードが満載。

■ 出版情報
出版社:株式会社イースト・プレス
発行年月:2017年10月
⇒購入はこちら

『プロ野球「名言・珍言」読本』 
なぜ、彼らのメッセージは心に「刺さる」のか? 長嶋茂雄、王貞治、野村克也、栗山英樹、イチロー、ダルビッシュ有などの名言から厳選してまとめた1冊。「ナンバーワン」たちが残した教訓、「勝ち続ける」ための哲学、「折れない心」をつくる視点、「結果を残せる人」の発想、ヒーローたちが引退時に出した答えなど、彼らの名言に学ぶ勝負強い理由、愛される理由に迫る。2017年の球界の「名言ベストナイン」も追加掲載。

■ 出版情報
出版社:株式会社イースト・プレス
発行年月:2017年10月
⇒購入はこちら

高校野球マガジン8 第99回全国高校野球選手権愛知大会完全ガイド 
いよいよ、今年も夏の高校野球が始まるが、7月の地区大会を前に、愛知大会に特化した特集で「第99回全国高校野球選手権愛知大会ガイド」がベースボールマガジンの増刊として刊行される。 折しも、愛知大会の組み合わせが決まるタイミングでもあり、いよいよ大会モードも盛り上がってくる。
頂点を狙う11校として、センバツ出場校で春季県大会も制した至学館を筆頭に、昨秋の県大会優勝の中京大中京、昨夏の代表校東邦。躍進著しい栄徳と桜丘、豊橋中央、豊川の東三河勢。さらにはおなじみの愛工大名電、享栄、愛知に昨夏も4強の愛産大三河を紹介。
公立勢としては渥美農に大府、豊田工、刈谷、東浦、西尾東など…。
また、愛知県高校野球の魅力について、県高野連前理事長の神谷良治・現審判委員長に手束仁が話を聞いた。また、無名校の蒲郡から、一躍侍ジャパンの投手の柱にまで成長したソフトバンク・千賀滉大の話など盛りだくさん。 愛知県の人はもちろん、県外の人も高校野球ファンならば是非、大会前にぜひ手に取りたい一冊でもある。

■ 出版情報
ベースボールマガジン社・刊
発行年月:2017年6月
⇒購入はこちら

プロ野球「名采配」読本 
過去、プロ野球には、さまざまな試合があった。
チームを指揮する役割を担っている監督の仕事である。その監督の仕事は「采配」と言っていいだろう。
もっとも、プロ野球の場合には「采配」といっても、ただ単に選手の交代、代打にだれを送るのかとか、どの投手をつぎ込んでいくのかということだけではない。そういうコマを揃えていくこと、すなわち、チームとしてのマネジメントも含めた部分を含めて「采配」と言えるのだ。 そんなトータルの意味での「采配」にスポットを当てて、一つの試合の中から、あるいはシーズンという流れの中からのポイントとなった試合や場面を拾った一冊。


構成は以下の通り
第一章 日本シリーズ、クライマックスシリーズでの名采配
第二章 ペナントの行方を左右した名采配
第三章 球史に残る迷采配、珍采配
第四章 名采配で覚醒したグラウンドの名優たち
第五章 名采配を演出した名監督たち
本書を通じて、采配にさらに興味を持ってプロ野球を楽しんでもらえたら著者冥利に尽きるというものだ。

■ 書籍情報
著者:手束 仁
出版社:イースト・プレス
発行年月:2017年6月
⇒購入はこちら

電子書籍 新着リリース情報

『早読み!日本の文学作品 その1』
リリース:2014年5月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『早読み!日本の文学作品 その2』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『会話を豊かにする四字熟語』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【Kindle】kindle 版

『生活で役立つことわざ』
リリース:2014年6月
<ご購入はこちらから>
【kindle】kindle 版

『ビジネスでよく間違える漢字425』
リリース:2013年5月
<ご購入はこちらから>
【ibooks】ibooks 版
【kindle】kindle 版
【kobo】kobo 版

『1か月で常識人になる ことわざ151』
リリース:2013年5月
<ご購入はこちらから>
【ibooks】ibooks 版
【kindle】kindle 版
 【kobo】kobo 版

『ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」を読み解く、幸せを呼ぶ法則35』
リリース:2012年9月13日
<ご購入はこちらから>
ジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」を読み解く、幸せを呼ぶ法則35(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【ibooks】ibooks 版
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

『人に好かれる話し方のコツ』
リリース:2012年9月11日
<ご購入はこちらから>
人に好かれる話し方のコツ(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【ibooks】ibooks 版
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

『幸運を引きよせるマーフィー奇跡の45の言葉』
リリース:2012年9月
<ご購入はこちらから>
幸運を引きよせるマーフィー奇跡の45の言葉 - increws media(iPhone、iPad、iPod touch向け)
(Androidスマートフォン・タブレット向け)
                     【kindle】kindle 版
                     【kobo】kobo 版

代表メッセージ

これまで20年以上、編集プロダクションとしての活動をベースに、メディアの中で仕事をしておりました。
今後は、Web時代に対応すべく新たに業務拡大の目的で、株式会社ジャスト・プランニングを設立いたしました。
弊社のモットーは「不易流行」です。
時代の流れの中でフレックスに対応していく要素と、その一方で今後も守り続けるべき文化を守り、伝えていく仕事をしていきます。
そして、ライフワークとして、高校生の部活動を応援していきます。